ETFで分配金がもらえる?知っておきたい仕組みと利回り【ETFの買い方・売り方②】

  • ETFの基本
  • 実践

この記事は、約2分で読めます

ETFの分配金とは

ETFには一般的な投資信託と同様に分配金を出す仕組みがあります。但し、ETFは税法により、決算期間中に発生した利子や配当などの収益から信託報酬などの費用を控除した全額を分配することになっています。金価格連動型上場投資信託や原油先物ETFなど、対象指標が配当や利息を生まない資産の場合は分配金がゼロのものもあります。

分配金はいつもらえるか

分配金が支払われる頻度は、年1回、年2回、年4回などと銘柄によって異なります。

ETFの分配金を受け取るためには、ETFの決算日(権利確定日)にETFの受益者になっている必要があります。そのためには、決算日の3営業日前の権利付最終日までに、ETFを保有している必要があります。分配金の支払いは、ETFの決算日である分配金支払基準日から約40日となっています。
※決算日が休日の場合、分配金の権利付最終日は決算日の4営業日前になり、分配金は決算日の翌営業日に確定します。

当サイトでは、各個別銘柄ページで過去分を含めた分配金情報を掲載している他、分配金情報では分配金一覧をまとめてご覧いただけます。

分配金利回りとは

分配金利回りとは、ETFに投資した資金に対し、過去1年間にどのくらいの分配金があったのかを示したもので、過去1年間に支払った分配金をある時点の基準価額で割って算出します。

例えば、過去1年間の分配金の合計が200円で、現在のそのETFの基準価額が1万円なら、分配金利回りは2%ということです。

(2018年12月作成)

関連記事

よく読まれている記事

記事カテゴリ