どこで、いつ、いくらから?ETFの売買方法を解説【ETFの買い方・売り方①】

この記事は、約3分で読めます

ETFはどこで、いつ、いくらから買える?

ETFはどこで買える?

東証に上場しているETFは、証券会社で購入することができます。そのため証券会社に口座をお持ちの方は、すぐに売買を始めることができます。証券会社に口座をお持ちでない方は、口座開設の必要があります。
証券会社によっては特定のETFの売買手数料を無料にしている場合もあります。

  • アイザワ証券
  • いちよし証券
  • 今村証券株式会社
  • 永和証券株式会社
  • SMBC日興証券
  • SBI証券
  • 岡三オンライン証券
  • 岡三証券
  • 岡地証券
  • 岡安証券株式会社
  • カブドットコム証券
  • 木村証券
  • 極東証券
  • 光世証券
  • GMOクリック証券
  • 立花証券
  • 大和証券
  • ちばぎん証券
  • 東海東京証券
  • 東洋証券
  • 内藤証券
  • 長野証券
  • 野村證券
  • 光証券株式会社
  • ひろぎん証券
  • 廣田証券
  • 松井証券
  • マネックス証券
  • 丸八証券株式会社
  • みずほ証券
  • 三菱UFJモルガン・スタンレー証券
  • 水戸証券
  • 楽天証券

ETFはいつ買える?

平日の前場(9:00~11:30)と後場(12:30~15:00)

※東京証券取引所(東証)の場合
※前場は午前中(9:00~11:30)の取引のことで、後場は午後(12:30~15:00)の取引を指します。

ETFはいくらから買える?

ETFの最低買付金額=<売買単位×取引所価格>
千円台~数万円台まで銘柄によって異なります。
(2633)NF米国株S&P500ヘッジ無ETF:10口、27,000円前後
(2518)NF・日本女性活躍ETF:1口、1,100円前後

※2022年11月末時点
※取引所価格は変動しているので、最低買付金額は日々異なります。実際の売買では、これに証券会社の手数料が加わります。売買手数料は証券会社によって異なり、特定のETFの売買手数料を無料にしている証券会社もあります。詳細は各証券会社のホームページ等でご確認ください。

ETFの売買方法

ETFには2つの売買方法があり、売買価格を指定したい場合は指値注文、取引の成立を優先したい場合は成行注文を行うのがよいでしょう。

指値注文

希望価格を指定して売買する方法。​
買いの場合には指値以下で、売りの場合は指値以上で取引されます。​希望した価格で​売買することができる反面、わずかの価格差で売買が成立しないこともあります。

sashine2.png

成行注文

価格を指定せず、​数量だけを指定して売買する方法。​
指値注文に優先して売買が成立します。売買が成立しやすい反面、思いの外高く買ってしまうことや、安く売れてしまうこともあります。

nariyuki2.png

※上記は一般的な説明であり、すべてが上記のようになることを示唆・保証するものではありません。

売買時のチェックポイント

購入・売却前にチェックしておくべきポイントを紹介します。

<投資対象>

img_sec04_01.png

<概要> 取引価格、売買単位、最低取引金額​

img_sec04_02.png

<商品詳細> 対象指標、信託報酬率

img_sec04_03.png

<チャート> ​取引所価格推移​

img_sec04_04.png

<チャート​> 乖離率推移

img_sec04_05.png

以上の内容は、各銘柄詳細ページで確認いただけます。
(1321) NEXT FUNDS 日経225連動型上場投信の場合はこちら

(2022年12月19日更新)

特集:なんとなく投資の次はETFへ

関連記事

よく読まれている記事

記事カテゴリ