世界で注目される投資の潮流 ESG投資ETF

この記事は、約3分で読めます

昨今、環境や社会問題、ガバナンスへの取り組みを評価して投資先を選ぶ「ESG投資」が広がっています。NEXT FUNDSシリーズでは、国内外合わせ4銘柄のESG投資ETFをラインナップしています。

NEXT FUNDSのESG投資シリーズ

2021年7月16日、NEXT FUNDSより新たに、「MSCIジャパンカントリーESGリーダーズ指数」を連動対象とする銘柄が上場しました。これにより、NEXT FUNDSのESG投資シリーズは4銘柄となり、国内外の様々なESG投資が可能となっています。

エリア銘柄コード名称(略称)連動対象指数信託報酬率決算日ESG分類
国内NEW
2643
NEXT FUNDS MSCIジャパンカントリー
ESGリーダーズ指数
連動型上場投信
MSCIジャパンカントリー ESGリーダーズ指数年0.132% (税抜年0.12%)毎年4月20日、
10月20日
(年2回)
○ネガティブ・スクリーニング
○ポジティブ・スクリーニング
○ESG統合
2518NEXT FUNDS
MSCI日本株女性活躍指数
(セレクト)連動型上場投信
MSCI日本株女性活躍指数(セレクト)年0.165%(税抜年0.15%)毎年4月20日、
10月20日
(年2回)
○ポジティブ・スクリーニング
○ESG統合
○インパクト投資
1480NEXT FUNDS
野村企業価値分配指数
連動型上場投信
野村企業価値分配指数年0.253%(税抜年0.23%)毎年4月20日、
10月20日
(年2回)
○ポジティブ・スクリーニング
○ESG統合
○インパクト投資
米国2635NEXT FUNDS
S&P500ESG指数
連動型上場投信
S&P500ESG指数(円換算)年0.143%(税抜年0.13%)毎年3月10日、
9月10日
(年2回)
○ネガティブ・スクリーニング
○ポジティブ・スクリーニング
○ESG統合

ESG投資とは

ESG投資は、従来の財務状況だけでなく、環境 (Environment)、社会 (Social)、ガバナンス(Governance) 要素も考慮した投資のことを指し、持続可能な開発目標(SDGs)と合わせて注目されています。E(環境)は地球温暖化対策、水資源保護等、S(社会)は労働環境改善、女性活躍推進等、G(ガバナンス)は法令順守や情報開示等が挙げられます。

article66_20210716_img01.png

(出所)各種資料を基に野村アセットマネジメント作成


ESG投資は、2006年に当時の国連事務総長のアナン氏が「責任投資原則」(PRI=Principles for Responsible Investment)を提唱したことがきっかけで、認識され始めました。

責任投資原則(PRI)は、機関投資家が、環境、社会、ガバナンスの観点を投資プロセスに取り入れることが求められるもので、2008年のリーマン・ショック後の資本市場において短期的な利益を目指す投資スタイルへの反省や批判が高まり、世界の機関投資家が署名するようになりました。

署名機関数は、2020年時点で3,038機関にまで増加しており、日本では、2020年末時点で、GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)も含む87機関が署名しています。

ESG課題に取り組む企業は、社会的課題も解決していくことで社会貢献と同時に収益の確保も見込まれると考えられ、有望な投資先として期待されています。


【図表1】PRIの署名機関数(2006年~2020年、年次)

article66_20210716_img02.png

(出所)PRIウェブサイトより野村アセットマネジメント作成

世界で広がるESG ETF

ETFの専門調査機関ETFGIによると、ESG関連銘柄に投資する世界のETP(ETF以外の商品を含む上場取引型金融商品)は図表2のように推移し、2020年12月末には純資産残高は1,870億ドルとなり、1年間で3倍、5年間では15倍にも膨れ上がっています。


【図表2】世界のESG関連ETPの純資産総額と商品数推移(2010年末~2020年末、年次)

article66_20210716_img03.png

(出所)ETFGIより野村アセットマネジメント作成

また、世界持続的投資連合(GSIA)が2年に1回発表している報告書によると、2018年の世界のESG投資額は30兆6,830億ドルにものぼっています。欧米中心に拡大するESG投資ですが、2016年から2018年の日本の成長率は300%以上と、世界で最も伸びており、今後の拡大が期待されます。
投資手法別では、ESGの観点から投資対象を排除する「ネガティブスクリーニング」や、財務情報に加えESG情報を評価して投資銘柄を選ぶ「ESGインテグレーション」、投資家と企業がESG課題について対話し共に改善を目指す「企業エンゲージメント」等が主に用いられています。


【図表3】ESG投資残高の推移(2014年~2018年)

article66_20210716_img04.png

(出所)Global Sustainable Investment Associationのデータより野村アセットマネジメント作成


【図表4】ESG投資手法別の成長(2016年~2018年)

article66_20210716_img05.png

(出所)Global Sustainable Investment Associationのデータより野村アセットマネジメント作成

なお、GSIAが定義するESG投資手法は、世界的な分類基準として利用されています。ESG投資を検討するにあたり、どのような手法が用いられているかを確認する際の参考にするとよいでしょう。

ネガティブ
/排他的スクリーニング
特定のESG基準に基づいて、特定のセクター、企業、慣行をファンドやポートフォリオから除外すること。
ESGインテグレーション
/(ESG要因の統合)
投資を行うマネージャーが、環境、社会、ガバナンスの要素を、財務分析に体系的かつ明示的に組み込むこと。
企業エンゲージメント、
株主行動
企業活動に影響を与えるために株主の力を利用すること。直接的なエンゲージメント(経営陣や取締役会とのコミュニケーション)、株主提案の提出や共同提出、包括的なESGガイドラインに沿った委任状投票などがある。
ポジティブ/ベストインクラス
株主行動
業界の同業他社と比較してポジティブなESGパフォーマンスを示すセクター、企業、プロジェクトを選択して投資すること。
規範に基づくスクリーニングOECD、ILO、UN、UNICEFなどの国際的な基準に基づくビジネスプラクティスの最低基準に対する投資のスクリーニング。
サステナビリティ・テーマ投資持続可能性に特に関連するテーマや資産への投資(クリーンエネルギー、グリーンテクノロジー、持続可能な農業など)。
インパクト/コミュニティ投資社会的または環境的な問題の解決を目的とした投資。十分なサービスを受けられていない個人やコミュニティに資金を提供するコミュニティ投資、社会的または環境的に明確な目的を持つ企業に提供される融資を含む。

(出所)Global Sustainable Investment Associationのデータより野村アセットマネジメント作成

(2021年7月作成)

関連記事

よく読まれている記事

記事カテゴリ