ETFで世界の株式市場にグローバル投資



資産形成において、「グローバルな分散投資」という視点はとても大切です。NEXT FUNDSのETFなら世界の株式に手軽に投資をすることが出来ます。

グローバル投資の必要性

世界経済、特に新興国は日本経済よりも高い経済成長が見込まれています。また、世界の株式時価総額において、日本は米国の1/8程度、そして世界の1/20程度となっています。これらのことを考えると、今後の世界の経済成長の恩恵を得るためにはグローバル投資が必要と言えるでしょう。

世界経済成長率見通し(実質GDP)(2022年7月)

etf_70_img01.png

(出所)IMF「World Economic Outlook Update, July 2022」のデータを基に野村アセットマネジメント作成

*2021年は推計。2022年、2023年は予測。

世界の市場の株式時価総額の割合

etf_70_img02.png

2022年8月17日時点

(出所)Bloombergのデータを基に野村アセットマネジメント作成

NEXT FUNDSでグローバル投資を手軽に

ETFには、主に東京証券取引所(東証)に上場している国内上場ETFと海外上場のETFがあります。NEXT FUNDSのETFは全て東証上場であるため、主に3つの点で手軽に投資をすることができます。

etf_70_img03.png

理由1:東証上場ETFは日本円で取引が行われるため、海外株に投資するものであっても投資家自身で外貨を用意する必要はありません。

理由2:海外上場ETFは現地時間での取引になるため、投資先国によっては日本の真夜中に投資を行う必要があります。一方東証上場ETFは東京証券取引所が開いている時間(9:00-11:30、12:30-15:00)に取引を行います。

理由3:東証上場ETFは、証券口座で売買できます。つまり国内の証券会社に証券口座をお持ちの方であれば、日本株同様に売買が可能です。一方外国上場ETFは取扱銘柄が証券会社によって異なっており、取引するには「外国株式取引口座」を別途開設する必要があります。

NEXT FUNDSの外国株ETFラインナップ

etf_70_img04.png

地域ごとのラインナップと過去3年間のパフォーマンスを紹介します。

なお、各銘柄のパフォーマンスを比較したい場合は、比較チャートで、銘柄や期間を選んで比較することができます。頁下部に方法を記載しておりますので、ご活用ください。

グローバル

etf_70_img05.png

期間:2019年7月末~2022年7月末、月次

(出所)Bloombergのデータを基に野村アセットマネジメント作成

2513 NF・外国株ヘッジ無ETF
2514 NF・外国株ヘッジ有ETF
2520 NF・新興国株ヘッジ無ETF

北アメリカ(米国)

etf_70_img06.png

期間:2019年7月末~2022年7月末、月次

*NF・米国株S&P500ヘッジ無ETF、NF・米国株S&P500ヘッジ有ETF、NF・米国株S&P500 ESG ETFは2021年3月末まで対象指数のパフォーマンスを使用。NF・米国株NASDAQヘッジ有ETF、NF・米国株NYダウヘッジ有ETFは2022年3月末まで対象指数のパフォーマンスを使用。各指数ともにトータルリターン指数を使用。

(出所)Bloombergのデータを基に野村アセットマネジメント作成

1545 NF・米国株NASDAQヘッジ無ETF
1546 NF・米国株NYダウヘッジ無ETF
2633 NF・米国株S&P500ヘッジ無ETF
2634 NF・米国株S&P500ヘッジ有ETF
2635 NF・米国株S&P500 ESG ETF
2845 NF・米国株NASDAQヘッジ有ETF
2846 NF・米国株NYダウヘッジ有ETF

南アメリカ(ブラジル)

etf_70_img07.png

期間:2019年7月末~2022年7月末、月次

(出所)Bloombergのデータを基に野村アセットマネジメント作成

1325 NF・ブラジル株ETF

ヨーロッパ

etf_70_img08.png

期間:2019年7月末~2022年7月末、月次

*設定日が2022年8月31日であるため、対象指数のパフォーマンスを使用。各指数ともにトータルリターン指数を使用。

(出所)Bloombergのデータを基に野村アセットマネジメント作成

2859 NF・欧州株ユーロ・ストックス50ヘッジ有ETF
2860 NF・ドイツ株DAXヘッジ有ETF

*2022年8月23日時点において、NF・ロシア株ETF(1324)は売買停止となっているため、こちらに記載しておりません。当ETFに関する詳細はこちらをご参照ください。

アジア

etf_70_img09.png

期間:2019年7月末~2022年7月末、月次

(出所)Bloombergのデータを基に野村アセットマネジメント作成

1309 NF・中国株上証50 ETF
1559 NF・タイ株ETF
1560 NF・マレーシア株ETF
1678 NF・インド株ETF

投資家の皆様へ

今回は株式をご紹介しましたが、NEXT FUNDSなら、債券やREIT、コモディティ等世界の資産にも手軽に投資をすることが出来ます。
ぜひNEXT FUNDSを通しての世界への投資をご検討いただけますと幸いです。

ご参考

NEXT FUNDS各銘柄のパフォーマンスを比較したい場合は、比較チャートで、銘柄や期間を選んで比較することができます。ぜひご活用ください。

①NEXT FUNDSサイトのグローバルナビゲーションより銘柄一覧を選ぶ
②分類検索より対象カテゴリーを選ぶ
③対象銘柄を選ぶ
④<比較チャート表示>ボタンを押す

etf_70_img10.png

⑤比較チャートが表示される
⑥期間等を選ぶ
⑦比較したい銘柄を追加・変更する

etf_70_img11.png


<当資料で使用した指数の著作権等について>

■S&P 500 指数
S&P 500 指数はS&P Dow Jones Indices LLCまたはその関連会社(「SPDJI」)の商品であり、これを利用するライセンスが野村アセットマネジメント株式会社に付与されています。Standard & Poor's®およびS&P®は、Standard & Poor's Financial Services LLC(「S&P」)の登録商標で、Dow Jones®は、Dow Jones Trademark Holdings LLC(「Dow Jones」)の登録商標です。 当ファンドは、SPDJI、Dow Jones、S&P、それらの各関連会社によってスポンサー、保証、販売、または販売促進されているものではなく、これらのいずれの関係者も、かかる商品への投資の妥当性に関するいかなる表明も行わず、S&P 500 指数のいかなる過誤、遺漏、または中断に対しても一切責任を負いません。

■S&P 500 指数(TTM、円建て、円ヘッジ)
S&P 500 指数(TTM、円建て、円ヘッジ)はS&P Dow Jones Indices LLCまたはその関連会社(「SPDJI」)の商品であり、これを利用するライセンスが野村アセットマネジメント株式会社に付与されています。Standard & Poor's®およびS&P®は、Standard & Poor's Financial Services LLC(「S&P」)の登録商標で、Dow Jones®は、Dow Jones Trademark Holdings LLC(「Dow Jones」)の登録商標です。 当ファンドは、SPDJI、Dow Jones、S&P、それらの各関連会社によってスポンサー、保証、販売、または販売促進されているものではなく、これらのいずれの関係者も、かかる商品への投資の妥当性に関するいかなる表明も行わず、S&P 500 指数(TTM、円建て、円ヘッジ)のいかなる過誤、遺漏、または中断に対しても一切責任を負いません。

■S&P 500 ESG指数
S&P 500 ESG指数はS&P Dow Jones Indices LLCまたはその関連会社(「SPDJI」)の商品であり、これを利用するライセンスが野村アセットマネジメント株式会社に付与されています。Standard & Poor's®およびS&P®は、Standard & Poor's Financial Services LLC(「S&P」)の登録商標で、Dow Jones®は、Dow Jones Trademark Holdings LLC(「Dow Jones」)の登録商標です。 当ファンドは、SPDJI、Dow Jones、S&P、それらの各関連会社によってスポンサー、保証、販売、または販売促進されているものではなく、これらのいずれの関係者も、かかる商品への投資の妥当性に関するいかなる表明も行わず、S&P 500 ESG指数のいかなる過誤、遺漏、または中断に対しても一切責任を負いません。

■NASDAQ-100指数(円建て・円ヘッジ)
当ファンドは、Nasdaq, Inc.(以下、Nasdaqといいます)およびその関連会社(以下、「許諾者ら」と総称します。)によって、⽀援、推奨、販売または販売促進されるものではありません。許諾者らは、ファンドの合法性もしくは適合性について、または当ファンドに関する記述および開⽰の正確性もしくは妥当性について認定するものではありません。許諾者らは、当ファンドの保有者または公衆⼀般のいかなる者に対しても、⼀般的な証券投資または特に当ファンドへの投資についての妥当性や、Nasdaq-100 Currency Hedged JPY Indexの⼀般的な株式市況への追随可能性について、明⽰的か黙⽰的かを問わず、何らの表明もしくは保証も⾏ないません。
許諾者らと野村アセットマネジメント株式会社(以下、「被許諾者」)との関係は、Nasdaq®、Nasdaq-100® Currency Hedged JPY Index、NDXJPYMHTMの登録商標ならびに許諾者らの⼀定の商号について使⽤を許諾すること、ならびに、被許諾者または当ファンドとは無関係に、Nasdaqが決定、構築および算出を⾏なうNasdaq-100 Currency Hedged JPY Indexの使⽤を許諾することに限られます。Nasdaqは、Nasdaq-100 Currency Hedged JPY Indexの決定、構築および計算に関し、野村アセットマネジメント株式会社または当ファンドの保有者の要望を考慮する義務を負いません。許諾者らは、当ファンドの発⾏に関してその時期、価格もしくはその数量の決定について、または当ファンドを換⾦する際の算式の決定もしくは計算についての責任を負っておらず、また関与をしていません。
許諾者らは、Nasdaq-100 Currency Hedged JPY Indexとそれに含まれるデータの正確性および中断されない算出を保証しません。許諾者らは、Nasdaq-100 Currency Hedged JPY Indexまたはそれに含まれるデータの利⽤により、被許諾者、当ファンドの保有者またはその他いかなる者もしくは組織に⽣じた結果についても、明⽰的か黙⽰的かを問わず、何らの保証も⾏ないません。許諾者らは、明⽰的か黙⽰的かを問わず、何らの保証も⾏なわず、かつNasdaq-100 Currency Hedged JPY Index®またはそれに含まれるデータの利⽤に関する、特定の⽬的または利⽤のための市場商品性または適合性については、いかなる保証についても明⽰的に否認します。
上記に限らず、いかなる場合においても、許諾者らは、いかなる逸失利益または特別、付随的、懲罰的、間接的もしくは派⽣的損害や損失について、たとえもし当該損害等の可能性につき通知されていたとしても、何らの責任も負いません。

■ダウ・ジョーンズ工業株30種平均株価(TTM、円建て、円ヘッジ)
DJIA JPY Hedged Index(T-1 TTM)はS&P Dow Jones Indices LLCまたはその関連会社(「SPDJI」)の商品であり、これを利⽤するライセンスが野村アセットマネジメント株式会社に付与されています。Standard & Poorʼs®およびS&P®は、Standard & Poorʼs Financial Services LLC(「S&P」)の登録商標で、Dow Jones®は、Dow Jones Trademark Holdings LLC(「Dow Jones」)の登録商標です。当ファンドは、SPDJI、Dow Jones、S&P、それらの各関連会社によってスポンサー、保証、販売、または販売促進されているものではなく、これらのいずれの関係者も、かかる商品への投資の妥当性に関するいかなる表明も⾏わず、DJIA JPY Hedged Index(T-1 TTM)のいかなる過誤、遺漏、または中断に対しても⼀切責任を負いません。

■ユーロ・ストックス50® 指数(TTM、円建て、円ヘッジ)
ユーロ・ストックス50® 指数(TTM、円建て、円ヘッジ)は、STOXXリミテッド(スイス、ツーク)(以下「STOXX社」)、ドイツ取引所グループ又は同社のライセンサーの知的財産(商標登録を含みます)であり、ライセンスの下で使用されます。
当ファンドは、STOXX社、ドイツ取引所グループ若しくは同社のライセンサー、リサーチパートナー又はデータプロバイダーが後援、宣伝、販売又はその他のいかなる形での支援も行うものではありません。又、STOXX社、ドイツ取引所グループ及び同社のライセンサー、リサーチパートナー又はデータプロバイダーは、当ファンドに一般的に関係して、又は対象インデックス若しくはそのデータにおけるエラー、遺漏若しくは中断に個別に関連して、(過失の有無を問わず)いかなる責任も負うものではありません。

■DAX®(ドイツ株価指数)(TTM、円建て、円ヘッジ)
Qontigo Index GmbH(以下、「QIG」)は、DAX®(ドイツ株価指数)(TTM、円建て、円ヘッジ)及びそれに含まれるデータの発行元です。QIG、ドイツ取引所グループ又は同社のライセンサーは、当資料に記載されている情報の作成に一切関与しておらず、またその正確性、妥当性、正当性、完全性、適時性及び特定の目的への適合性等について、過失か否かに関わらず一切責任を負わず、保証もいたしません。また、当資料に記載されている情報、DAX®(ドイツ株価指数)(TTM、円建て、円ヘッジ)又はそのデータのエラー、遺漏又は中断に関し、一切責任を負わず、保証もいたしません。QIGに帰属するあらゆる情報の流布、または第三者への再配信は一切禁止されています。

(2022年9月作成)

特集:なんとなく投資の次はETFへ

関連記事

よく読まれている記事

記事カテゴリ